2007年・11月度パサデナセミナー会

   

11月度パサデナセミナー会についてお知らせします。パサデナで開催します。


   

日時:

2007年11月17日(土) 2:00PM 開場とティータイム、2:30PM 開演

 

講師:

山田火砂子監督  

 

演題:

映画 「筆子・その愛 〜天使のピアノ 〜」への思いを語る

 

 


   
 

上記の映画が11月18日にLAで上映されます。これを機にLAに来訪する、同作品の 監督で制作者の山 田火砂子さんに同作品にかける思いを語って頂く事になり ました。

同作品は福祉などと言う言葉もなく障害者に対する社会的環境や扱 いが現代と異なり大変厳しかった明治初頭から大正、昭和と続く富国強兵の時代に「障害児教育の母」 と呼ばれた 石井筆子劇的で感動的 な生涯を映画化したものです。

筆子は幕末、長崎の大村藩士の家に生まれ男爵の娘としての教育を受けフ ランスに留学。 英仏蘭の3ヶ国語を話す才媛、美貌とで「鹿鳴館の華」と呼ばれました。  しかし最初の 夫との間に生まれた三人の娘がいずれも知的障害や病弱で、その上に夫 に若くして先 立たれ、荒波の中を自立の道に進みました。津田梅子と共に女性の教育と地位向上に 力を注ぎました。その後、米国で障害児教育を学 び、日本初の福祉施設「滝乃川学園」 を運営していた石井亮一と出会い、その信念に共鳴して再婚、夫の事業を支える一方、夫 の亡き後も資金難や自身の障害や老齢化の困難を越えて一生を学 園の子供達に無償の 愛を捧げ「障害児教育の母」と呼ばれました。 その苦 難の生涯を描いた映画作品です。

筆子は1879年に訪日したUlysses Grant 米大統領から「日本で最も知的な女性」 と賞賛されています。 「彼女が障害児教育に捧げた魂を現代に伝えたい」と自らも重度 の知的障害者の娘を持つ山田監督が 制作、日本中に感動の輪が広がっています。

人気女優の常盤貴子が筆子を演じ、実際に知的障害を持つ多数の子供たちが出演し 映画に心温まる真実味を加えています。今年75歳の元気で楽しい山田監督のご自身 の人生にも照らしたナマの話を聞く貴重な機会です。 皆さんのご参加をお待ちします。


   

講師紹介:

山田火砂子 (やまだひさこ)。
東京に生まれる。 新宿精華高等女学校を卒業後、舞台女優を経て映画プロデューサーに。 実写版の『はだしのゲン』(1976)をはじめ『春男の翔んだ空』(1978)や『裸の大将放浪記』 (1981等17本の映画を製作・公開した。 映画監督の夫・山田典吾亡きあと、自らも監督に 進出し、初作品として重度の知的障害がある長女と共に歩んできた半生を題材に、アニメ ーション映画『エンジェルがとんだ日』(1996)を作り上げた。
2004年には『石井のおとうさんありがとう・岡山孤児院・石井十次の生涯・』を監督し、平成 17年度児童福祉文化賞、第14回日本映画批評家大賞主演男優賞(松平健)を受賞。他に、 山口県にある知的障害者施設を追ったドキュメンタリー『るりがくえん物語』(2001)がある。 最新作として、日本で初の知的障害者施設「滝乃川学園」の創始者・石井亮一の妻、石井 筆子の生涯を映画化した『 筆子・その愛・天使のピアノ・ 』を2007年に公開し、平成19年度 児童福祉文化賞を前作に引き続き2作連続受賞した。
著書に「トマトが咲いた」「夢見る火砂子さん 映画石井十次を撮る」、小説「筆子・その愛− 世界で一番美しい涙の物語−」がある。また、学校・施設・イベント等で、福祉、教育、子育て、 平和問題など幅広いテーマで講演を行っており好評を博している。敬虔なクリスチャン。
HPは www.gendaipro.com


   

場所:

秀明パサデナセンター (1階コミュニティー・ルーム)
2430 E. Colorado Bl., Pasadena, CA 91107

 
地図 www.shumeiarts.org/map.html (駐車:地下または周辺道路)
   

会費:

10ドル ( 学生: 5ドル ) 当日開場受け付けでお支払い下さい。
*リフレッシュメントあります。
*席準備の為、お早めにお申し込み下さい。

   
 

連絡先:

パサデナセミナー会 ・ 半田まで
TEL: 626-795-1330 ・ FAX: 626-795-6177

 
E-MAIL: pasadenaseminar@earthlink.net

   

なおパサデナセミナー会はこの活動を非営利目的のコミュニティー活動と して続けています。   当会は一年を通じ参加者の皆さんから頂く参加費から会場使用料、講師へ の薄謝、その他 の経費を差し引き収支プラスとなった場合その全額をL.A敬老引退者 ホームと小東京サービス サンター内"命の電話"「日系ヘルプライン」に寄付させて頂いておりま す。 収支プラスの 場合は皆さんの参加費が敬老施設と「命の電話」に生きるようにしたいと 考えております。

半田



映画「筆子・その愛〜天使のピアノ〜」上映会の 情報:

場所:  Aratani/Japan America Theatre (Little Tokyo)
日時:  Nov. 18, 2007 (Sun), 1:00pm & 4:30pm
チケット: $15 General Admission,ハ $10 Child & Student Discount
申し込み: Box Office 213-680--3700
Online Order: www.LTSC.org
お問い合わせ (Info): 310-378-3550 (Mikko), 310-377-4238 (Hiromi)

============================================================

お知らせ
 2004 年8月に当会で講師としてお招きして「アメリカへヒロシマから」  の題で講演をして頂い た同題名の著書の作者、大竹ケイさんがこの度この本の英語版を出版 しました。 本の題は"Masako's Story of Survival"です。 原爆のことは 英語で書かないと世界の人々への発信にはならないとの考えで頑張って英 訳を完成されました。  当会もこの出版をお祝いし新書が世界中のより多くの人々に読まれ るよう期待しております。

同書についての書評が以下のサイトで見る事が出来ます。
Japan Times  http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fb20070805dr.html

Mainichi Daily News
http://mdn.mainichi-msn.co.jp/national/news/p20070915p2a00m0na027000c.html


 
   

主宰: 半田 俊夫