2005年・8月度パサデナセミナー会

   

晩夏の8月、残暑お見舞い申し上げます。
8月度パサデナセミナー会についてお知らせします。 小東京の日米文化会館で 開催します。 パサデナセミナー会主催、南加日系商工会議所(JCC)共催です。


   

日時:

2005年8月28日(日) 2:00PM 開場とティータイム、2:30PM 開演

   

講師:

富田岩芳氏

   

演題:

「元日本帝国海軍士官として大戦を振り返る」

   

   
 

終戦記念の8月がやって来ました。 今年は第二次世界大戦終戦から60周年。  大戦終結時、日本海軍主計大尉であった富田氏は航空戦艦「伊勢」海上護衛艦「屋代」 に乗艦勤務し南方各地への船団護衛と作戦に参加。 日本海軍がほぼ壊滅したレイテ島沖 海戦の際は直前に比島北方で被弾故障の為参加できず轟沈を免れた屋代で幸運の生還 を果たしました。 当時情報の集まる海軍主計部門にあった士官として身をもって通過した あの大戦は如何なるものであったか、 如何に見て如何に考えたか、 今60年を経て 大戦を振り返り次代へと語り継いで頂く貴重な機会です。 奮ってご参加下さい。

 


   

講師紹介:

1924年(大正13年)神奈川県生まれ、今年81才。 監査法人トーマツ創業者。  デロイト・トウシュ・トーマツの元最高顧問。 1943年日本海軍経理学校を卒業。航空戦艦  伊勢勤務。 海上護衛艦屋代で台湾、マニラ、ボルネオ、シンガポールへ船団護送。  終戦時は海軍経理学校教官、主計大尉。 45年10月から機雷掃海艦竹生で主計長。  復員輸送艦巨済で主計長としてグアム、パラオ、 上海、コロ島で47年まで軍人と  民間人の引上げ輸送任務につく。  47年油科学工業参加、創設推進、 51年日本ガス化学(現三菱ガス化学)参加、設立推進。  50年日本公認会計士。 62年ペンシルバニア大ウオートン校ビジネススクールでMBA取得。  68年監査法人トーマツ創業。 NY, LA, Chicagoにトーマツ・アオキを開設。   75年トウシュL.A.世界経済の主要メンバーとして参加し、89年デロイト・ハスキンズとの合併  によりデロイト・トウシュ・トーマツ世界組織を構築、DTTは現在全世界150ヶ国600余都市  に12万名規模の事務所展開。 


   

場所:

日米文化会館(JACCC) B1・ガーデンルーム
244 San Perdo St., Los Angeles, CA 90012
(小東京2ndと3rdの間、San Pedro St.東側)

 
   
   

会費:

10ドル ( 学生: 5ドル ) 当日開場受け付けでお支払い下さい。
*リフレッシュメントあります。
*席準備の為、お早めにお申し込み下さい。

   
 

なお今回はセミナー会(質疑を含む)終了のあと同じ場所で講師と当日 参加予定の学生さん達との講和会二次会を続けて行う予定です。

連絡先:

パサデナセミナー会 ・ 半田まで
TEL: 626-795-1330 ・ FAX: 626-795-6177

 
E-MAIL: pasadenaseminar@earthlink.net

   

なおパサデナセミナー会はこの活動を非営利目的のコミュニティー活動として続けております。  経費を差し引き収支プラスとなった場合はそれをL.A日系敬老引退者ホームに寄付する計画 です。 収支プラスの場合は皆さんの参加費が敬老施設に生きるようにしたいと考えております。


 
   

主宰: 半田 俊夫