2004年・8月度パサデナセミナー会

   

晩夏の八月。 書中お見舞い申上げます。皆さんお変りありませんか。 さて、8月度パサデナセミナー会のお知らせです。 パサデナでの開催です。


   

日時:

2004年8月21日(土) 2:00PM 開場とティータイム、 2:30PM 開演

   

講師:

ケイ大竹さん

   

演題:

「アメリカへヒロシマから」

   
 

パサデナセミナー会に初めの頃から参加されている方が、昨年日本で「アメリカへ
ヒロシマから」
と言う本を初出版されました。 この本を今年始めに読ませて頂く
機会があり、読んですぐにこの本は大勢 の日本人そしてアメリカ人に読まれる
ようになって欲しい、この内容は語り継いで行って欲しい、少なくも日本人は語り
継いで行かねば、と感じました。 その著者が今回の講師、ケイ大竹さんです。

大竹さんは5才の時に広島で被爆し、父親は多分爆死し、母親に手を引かれて
死地を さまよいました。 そのお母さんは、46年近くもの間ずっと原爆の話は
されなかったそうです。13年前に、久しぶりに帰国された大竹さんが滞在中のある
朝、突然原爆のことを話し始めたそうです。 その重い内容の聞き書きノートを大竹
さんは その後10年間一度も触りませんでした。それを、2001年からお母さんが
寝たきりになり他界された過程で、本の形で表現して残す気持ちになったそうです。

大竹さんは「原爆の惨状はとても言葉では表現することができない」と言われ
ますが、この本の内容と方向とする所は皆さんに是非一読をお勧めします。
今回その大竹さんに 「アメリカへヒロシマから」について話して頂く事をお願い
しました。 今月は59年前に 広島と長崎に原爆が人類史上初めて投下された
あの暑い熱い8月です
鎮魂と歴史の語り継ぎの機会を持ち未来の平和に想いを
繋げたいと思います。 皆さんのご参加を歓迎します。

 


   

講師紹介

1940年 西宮市に生まれる。1945年 広島で被爆。1962年 津田塾大学卒業。1968年 渡米結婚。以来L.A.郊外在住。1987年 修士号取得。  元ESL教師。 現在大学の日本語教師詩、俳句、短歌の投稿を ”小説新潮””オール読物”などに続け、入選作多数

                 

 


   

場所:

秀明パサデナセンター ・  地図 www.shumeiarts.org/map.html
2430 E. Colorado Bl., Pasadena, CA  91107 
      (駐車:地下または周辺道路)

   

会費:

10ドル ( 学生: 5ドル ) 当日開場受け付けでお支払い下さい。
*リフレッシュメント有ります。
*席準備の為、お早めにお申し込み下さい。

   

連絡先:

パサデナセミナー会
TEL: 626-795-1330 ・ FAX: 626-795-6177

 
E-MAIL:

pasadenaseminar@earthlink.net


   

なおパサデナセミナー会はこの活動を非営利目的のコミュニティー活動として続けております。 
当会は一年を通じ参加者の皆さんから頂く参加費から会場使用料、講師への薄謝、その他の
経費を差し引き収支プラスとなった場合はそれをL.A日系敬老引退者ホームに寄付する計画
です。 収支プラスの場合は皆さんの参加費が敬老施設に生きるようにしたいと考えております。


 
   

主宰: 半田 俊夫